あやし楽遊窯 陶芸教室 楽遊くらぶ あやし楽遊窯 陶芸教室 楽遊くらぶ

仙台市青葉区芋沢字小坂南57-40
お申込み・お問い合わせ TEL: 022-394-4310


教室案内コース紹介作品例記念日の贈り物生徒の声お問い合わせ
 

記念日の贈り物

記念日の贈り物を集めてみました。

 
ご飯茶わんの数々です。
 


透かし文様がクリアにみえて
とても清々しいフリーカップになりました。

 
 
うわぐすりが、とても綺麗な片口鉢で、
人気の釉薬です。
 


結婚式に、新郎、新婦がご両親に贈る、
記念品を、真心込めて制作いたしました。

 
 
何度もチャレンジして吹き墨の色も、
桜模様の抜き紋が上手に出来ました。
 


お茶を楽しむお母さんに母の日の
プレゼントの抹茶茶碗を制作しました。

 
 
粉引や刷毛目は焼き物をする人を魅了する
代表的な作品群と言えるでしょう。
 


心温まるような、柔らかい表情の、
いっぷく碗でくつろぎましょう。

 
 
お抹茶は、いま茶道を習っている人たち
以外からも、 健康ブームも相まって、
作法とは別に楽しむ人たちが増えています。
 


織部シリーズも、桃山時代の
自由な発想から生まれた力強い形状と
緑のバランスがいいですね。

 
 
おもいのままに、土を叩き延ばし、
黄瀬戸と織部で焼き上げてあります。
 


さざ波紋や、くしめの大胆な文様に、
流れと力強さが感じ取れますでしょうか。

 
 
焼締めは、個性の強い
歴史ある存在感が魅力です。
 


大胆なくしめ文様を引きもみじ葉を乗せて、
その上から灰釉を掛けてみました。

 
 
同じような作風の茶香炉とコーヒーカップです。
灰釉が素朴な溶け具合で紅葉がいいですね。
 


一番町の、青葉カルチャーの教室風景です
(第2、4火曜日)。見学、体験OKです。

 
 
皆さんの、てびねり、ろくろの制作品です。
 


完成品の数々です。絵手紙を習ってる
生徒さん、さすがお上手です。

 
 
ろくろも上手になりました。
 


「日本酒がとても好き」と、
娘さんは話していました。

 
 
油滴天目は、格調高い釉薬です。
濃淡で斑紋の大小が決まります。
ある意味、難しいのかも。
 
模様に織部と白マットを掛け分けてみました。
時間がかかり、生徒さんは大変でしたが、
「楽しかった」と、満足満足!
 


お申込み・お問い合わせ

 
教室のご案内
現地1回コース
市街地体験コース
記念日の贈り物
楽遊 作品集
 

©2014 あやし楽遊窯 陶芸教室 楽遊くらぶ
All Rights Reserved.